電極寿命について

 アイフェイズの基本は温度センサーです.タイプによって,熱電対,サーミスター,感温抵抗を使いわけております.一番破損しやすいのは,M3(旧 1u)の下部にある小さなサーミスターです.アーム落下衝突,フィラーが刺さる,経時変化摩耗などが原因です.これはぎりぎりまで研磨しているためですが,上手に使えば一年以上は持ちますが,反対に1週間ということもあります.使い方・頻度・試料の種類によって大きく違います.堅いフィラー入りの複合系が一番の苦手です.修理に戻ってくる大半が無数の無機フィラー・カーボンファイバーが刺さった状態です.割れやひびが入っているものは交換です.手作りのため高価なものとなりますので,できるだけ長持ちさせたいので,とりあえず再研磨します.長持ちさせるには,標準状態に加えて市販ラップで上下に貼るなどもあります.感度は当然おちますが,100ミクロン以上の伝導ゴムなどでは有効かもしれません.品管に使うなら,時々貼り替えベースライン取り直しが必要です.
 温度可変型は収縮膨張による劣化です.電極を削り過ぎないようにしていますが,その分感度が落ちています.ヒーター側は比較的丈夫ですが,やはりフィラーで薄膜抵抗膜が穴だらけということもあります.抵抗がましてヒーターとして発熱量が増え,温度波が強くなることもあります.基本は長持ちします.