データの正しさの判断は?

もっとも関心のあるところでしょうが,もっとも難しいところです.位相型の温度波分析法では,時間を測定していますの,比較試料がいらないという特徴があります.したがって,条件さえ合えば,どんな試料でも測定できます.ただし,方程式の要請からkd>>1という条件がありますが,これが結構曖昧です.バッキング材料との関係があるからです.弊社はkdを2.5−3.5 あたりとしてオート測定条件を提示しております.角度で言うと,170−240°程度に相当します.測定される熱拡散率はこの位相範囲によって若干ずれます.放熱状況がサンプルの種類とサイズに影響され,一般化できないためです.オート測定では決められた位相変化を与える周波数を探し出しております.
 特に金属や配向試料は横方向への熱拡散が大きく厚さ方向の熱量が減る傾向にあります.したがって,つねに比較物質を用意し,それとの比較をもって,上記の条件設定の善し悪し,データの正しさを判定するようにします.できるだけ測定対象と似たものであることが前提です.アイフェイズM3シリーズは,ミツトヨ製のセラミックゲージ(ジルコニア焼結体)を標準として添付しております.測定値はつけておりますが.焼結体ゆえに,若干のばらつきがあります.長い間の経験から決めた値をつけて出荷しておりますが,絶対値の保証は難しいところです.
 ほかの標準物質として,ポリイミドフィルム,ガラス板,石英板,サファイア板,ステンレス,インジウム,すず,アルミ,銀などですが,同一機種,同一条件での測定結果の比較で正しさを判定します.また,繰り返し測定して,統計的に判断するのも有効です.その場合,接触不良や振動などであきらかにデータがはずれたものはカウントしないでください.詳しくは使い方の該当部分もお読みください.