振幅は何を意味していますか

 M1またはM3型TWA法は,基本的に位相データから熱拡散率を算定しますが,振幅の周波数依存性も熱拡散率を表します.ただし,振幅(以下amp)は入力電圧の変動等に敏感なため扱いが不安定になります.諸条件が全く同一なら,熱伝導や比熱の重要な情報を含んでいます.
 たとえば kd=π(パイ・180°)を指定すれば試料によらず同じような振幅になりますが,熱容量によって若干変動します.一例を挙げると,ジルコニア標準板で オート測定した場合,二つの周波数での振幅(Amp)の値は3000と1000程度に調整されていますが,ポリマーなどを測定しても,周波数は異なっても同程度のampになります.ところが,金属,面方向へ分子が並んだ配向高分子などは,1000−350などとぐっと小さくなることがあります.ampは,面方向への熱流が大きくなる,上記の材料では,見かけの熱容量が増加するための現象といえます.見かけの熱容量は,試料種のほか,サイズ,厚さ,周波数などの影響もあり,比熱や熱伝導率への換算はきわめて複雑になるために,モバイル機は振幅を計算に使っておりません.
 しかし,材料の熱特性が反映されていることは明らかなので,同一形状,同一条件,同種の試料間で比較すれば,十分に有用であることを示しています.無配向試料であれば,基準サンプルとの比較で熱伝導率の算定,配向試料では配向の程度が反映されるからです.注意深く測定すれば試料独特の特性が見つかるかも知れません.