界面の評価についてー接触抵抗の疑問に答えます

 サンプルとセンサー等の「接触抵抗が測定データに影響しないか」という問いがよく寄せられます.サンドペーパーのようなものを除いて,通常の平板試料ではほとんどありません.
 材料には実際は平らに見えても1ミクロン未満の凹凸があります.グリース等で埋めることもできますが,熱拡散率への影響は,たとえば100μmの試料に1μmの界面と仮定しても,影響は厚さの二乗ですから,1万倍の差になり十分無視できることがわかります.複合材試料内の熱拡散率のばらつきは10%程度以上あることも多いので,界面はあまり意識しなくともよいことになります.安定化するには荷重をかけることによる変化(試料のクリープ変形,界面の変化)に留意して,何度か再測定することをおすすめします.
 界面が問題になるのは薄い金属箔の場合です.「そり」などを含めて注意深いサンプリングが望まれます.M3などではブランク測定(ベースライン)を測定して差し引きますので,ここで界面分を差し引いていることにもなります.測定法上は,接触界面よりも,センサー,ヒータ,配線材などの熱容量が大きく反映されます.保護膜やグリースも広い意味で界面ですが,ベースライン法は,これらの影響を差し引いておりますので,より正しい値に近づくことができます.