アイフェイズ社は,東京工業大学発ベンチャーとして2002年に設立されました.現在の代表である橋本寿正東京工業大学名誉教授,研究・開発協力先である森川淳子教授は,設立当時からのメンバーです.
 長年にわたり,熱伝導率,熱抵抗,熱伝達率,熱浸透率,熱貫流率,熱拡散率,熱拡散抵抗,熱拡散時定数,熱インピーダンス,体積当たりの比熱容量,熱起電力,ゼーベック係数,電気伝導率などを決定するための測定機を製造販売する熱の総合ソルーションを提供してまいりました.これまでに,化学工業,自動車産業,電子工業,素材開発および大学等の研究機関に250台超の納品実績を重ねております.

アイフェイズ・システムは,薄膜や小さな試料に適した温度波法(TWA法)を採用,販売装置は,いくつかの製品,薄膜用温度波熱分析法アイフェイズモバイルM3シリーズ, 厚い熱絶縁体と高分子材料の面内方向用 M10シリーズ,赤外カメラを用いた二次元熱分析装置M100で構成され,いずれもメカニズム,電子回路,ソフトウエア,センサー類(赤外センサーを除く)まで,すべて自社で開発・設計・製造しております.したがいましてカスタマイズを含めたきめの細かなアフターフォローが可能になっております.アイフェイズ・システムは要約すると以下の様な特徴を有しております.
1. シンプルな操作性 装置の簡素化と条件設定の自動化によって経験不要を実現
2. 簡単なサンプリング 前処理なしにそのままの状態での測定可能
3. 薄膜・微細試料への適用 10ミクロン以下の薄さ,1mmのサイズで測定可能
4. 迅速測定  わずか数十秒で結果を出せる常識を越えた迅速性
5. 高感度 高速応答センサーとディジタルロックイン方式による高感度化
6. 高い携帯性 ケース込みの加重で2kg程度以下の携帯性
7. 省エネルギー設計 USBバスパワーでの駆動,電池駆動機種もあります
8. すべての材料 周波数を変え,ダイヤ・金属から絶縁体・液体・気体まで対応
9. メンテナンス シンプル設計によるトラブル減と宅配利用の迅速応答
10. 国際標準化(ISO)への提案 温度波法はISO22007にて採用済

依頼測定(有償となります)
アイフェイズ・モバイルを使用した依頼測定は随時受け付けております.標準としてM3typrIを用いた薄膜の熱拡散率測定は,原則約1週間で納品いたします. 試料の厚さは,絶縁体で10ミクロンから1mm,金属で50ミクロンから2mm,大きさで2mmから60mm程度の平板となります.形は不定形で構いません.切り出して平滑面が確保できればすべての材料で測定可能です.一検体につき10カ所の測定を行い平均をとります.一回の測定で,10検体以内をめどに受託測定致します.試料調製が必要な場合は別途費用が発生します.
 そのほか,発泡体,粉体,液体あるいは上記の条件を超えた試料につきましては弊社へご相談ください.